過去との対話

中江藤樹は「順境にいても安んじ、逆境にいても安んじ・・・(以下略)」という言葉を残しております。感情の平衡といえるでしょうか。日露戦争の折、日本海軍は、バルチック艦隊がウラジオストックへ入港する航路を想定された3つのルートから1つに絞らねばなりませんでした。ロシア海軍はなかなか現れないため、別のルートで航行していると誰もが考えましたが、対馬から来ると判断した東郷平八郎の突出した感情の平衡と理性、そして勇気と冒険心が倍の兵力をもつ最新式の戦艦を撃破し、完全なる勝利をもたらしました。こういった過去との対話こそが歴史であり、私たちを未来へ導くのです。(2020/6/15小竹)