逆境の店舗運営

飲食店の経営が苦しい時、まさに今が差が付くときです。
そしてこういう逆境のときは閉塞感を打開しようと奮起しますが、常に淡々と事に当たることが大切です。時間ができた今しかできないことがあるはずです。山小屋で吹雪に遭遇したら、晴れる日が来て外に出られるまで準備してじっとしているでしょう。いま自分に出来ることをやる、自分の力が試されるときです。まずはじっくり自分の店舗を見続けましょう。普段見えていないことが見えてくるまで、考え抜くのです。(2020/4/14小竹)