反省と後悔を考える

反省とは、自分の人として正しいかどうか、「心」を振り返えることであり、後悔とは自分が行った「行為」に対してするものです。望んだ結果でなかったから反省するのではなく、論語の学而にある通り3つの視点で日々自問することが重要です。3つの視点は「忠」と「信」、残るもう1つは端的に言うと自分自身の実践力なのです。(2022/8/1 小竹)